paypalがiZettleを22億ドルで買収

f:id:beestock:20180716113921j:plain

私が購入している米国株の1つであるpaypalに新たな動きがありました。

スウェーデンに拠点を置く別の支払い会社であるiZettleを22億ドルで買収したとのことです。IZettleはスウェーデンの決済会社でヨーロッパでは非常に有名で、すでにブラジルにも存在しています。

IZettleのデバイスは、バイオメトリック認証、NFCなどの方法で、珍しい方法で支払いを受け付けています。そして、オンライン決済の大手PayPalは、iZettleの22億ドル(82億4000万ドル)の買収を発表しました。

PayPalとiZettleは、何年も一緒に働くさまざまな方法について話していたようです。
PayPalのダン・シュルマンの最高経営責任者(CEO)兼社長によると、「中小企業は、世界経済のエンジンであり、店舗内およびモバイル経由、そしてオンライン決済で勝つうえで必要になる。PayPalが買収することでさらにプラットフォームが拡大される。」と話しています。

これは、小規模のテナントなどの決済周りもpaypalが握りたいということを示しています。
さらにPayPalは毎年30億ドルを投資して新規事業を獲得することです。そうです、毎年30億ドルです。

このような大胆な投資のキャッシュフローについて質問したハンデルスブラット最高経営責任者(CEO)は、現在最大のブランド買収であるiZettleよりも大きな投資を行っていても、利益率は安定し、機会が生じると述べています。

どれだけ安定したキャッシュが入ってくるんだって感じですね。

市場分析者の中には、これらの市場動向を正当化する正のバランスである、2020年までに決済会社の成長率が17%に達するとの見通しがあります。

squareも2018年から株価が伸びているので決済周りの市場は明るいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です