Q2.『ウソをウソと見抜けるか』 (論理テスト)

問題の前に、まず下記を見てください。
人は誰もが、「真偽判定の対象となる発言」に関して、次の3つのいずれかです。

A. つねに真実を述べる人(けっしてウソをつかない人)
B. つねにウソをつく人(けっして真実を述べない人)
C. 真実を述べることもウソをつくこともある人

―――それでは問題です。

それぞれの問題の答えには、上記のA、B、Cを使ってください。
(1~3は準備運動的な問題です。4と5は人によっては難問かもしれません。)
また、正解の組み合わせは複数ある場合があります。

 

1)
ゆかり「私はけっしてウソをつきません」
ゆかりはどんな人?

2)
沙織「私はけっして真実を述べません」
沙織はどんな人?

3)
雫「私は真実を述べることもウソをつくこともあります」
雫はどんな人?

4)
優香「このみはけっして真実を述べません」
このみ 「優香はけっして真実を述べません」
2人はそれぞれどんな人?

5)
なつみ「真奈は真実を述べることもウソをつくこともあります」
真奈「なつみは真実を述べることもウソをつくこともあります」
2人はそれぞれどんな人?

答え

1)A、B、Cのいずれの可能性もある。
Aなら、その発言は真実、Bならウソ、Cならウソです。

2)C
その発言はウソです。
3)BかC
Bなら、その発言はウソ、Cなら真実です。

4)以下の3通りの可能性があります。
①一方がA(発言は真実)、他方がB(発言はウソ)
②一方がB(発言はウソ)、他方がC(発言は真実)
③2人ともC(発言はウソ)

5)以下の3通りの可能性があります。
①一方がA(発言は真実)、他方がC(発言はウソ)
②2人ともB(発言はウソ)
③2人ともC(発言は真実)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です