英語の勉強には洋画が使える!おすすめの洋画10作品を紹介

洋画 英語学習の心得
この記事の所要時間: 711

 

洋画を使って英語を勉強したい。

洋画に出ている日常会話を参考にしたい。

英語の勉強に最適な洋画を知りたい。

 

 

このような疑問に答えます。

英語の勉強法は色々ありますが、その中でも洋画鑑賞は、映画に興味がある方や映画好きの方におすすめの勉強方法です。正しい方法で洋画鑑賞すれば、効率的に英語力を上げられます。このページでは、洋画を観て英語の勉強をするメリットや具体的な勉強方法を解説します。また、英語の勉強に使える洋画を10本紹介しています。洋画鑑賞しながら英語の勉強をしようと考えている方や、おすすめの洋画を知りたいと思っている方は要チェックです。

英語の勉強に洋画を使うことで得られる効果

洋画を使った英語の勉強を始める前に、洋画鑑賞で得られる効果を理解しておきましょう。まずは洋画を観ることで、どんな効果が現れるのかを解説します。

リスニング力が向上する

洋画を集中的に観ればリスニングの力が付きます。洋画では実際の日常会話に近いスピードで演者がしゃべっているため、実践レベルのリスニング力を身に付けたい方には洋画が最適です。ネイティブな発音を学べるだけでなく、たくさんの役者の声を聴ける点も洋画の特徴です。

学んだ内容が頭に定着しやすい

洋画で英語を勉強すると、覚えた単語やフレーズが記憶に残りやすいです。なぜなら、覚えた英語が劇中のシーンと一緒に記憶されるからです。例えば日本語の映画でも、印象的なシーンで使われている台詞は記憶に残りやすいですよね。それと同じで、洋画鑑賞には英単語や英語表現を覚えやすいというメリットがあります。

海外の文化に関する知識も深まる

洋画を観ると、海外の生活習慣や文化も垣間見ることができます。家族を題材にした作品なら、外国の家庭生活や食生活の一端を知れますし、ビジネス系の洋画では海外のお仕事事情を学べます。英語力を上げたい方だけでなく外国の文化を勉強したいという方にも、洋画はおすすめです。

洋画を使った英語の勉強法

洋画の勉強法

 

当然ながら何も考えずに洋画を観ていても、英語は上達しません。洋画鑑賞する際は、以下の順番通りに勉強を進めていきましょう。

①日本語字幕を読みながら洋画を鑑賞する

洋画を観る際、まずは日本語字幕を付けて話の流れを追いましょう。音声は英語のものを聴いてください。ストーリーを理解しながら英語音声を聴き、少しずつ英語の発音に慣れていきましょう。

②英語字幕でもう一度観てから単語の意味を調べる

今度は音声だけでなく字幕も英語にしましょう。知らない単語や表現が出てきたら、辞書を引いて意味を調べます。英単語の発音にも耳を傾けてください。

③字幕を消して聴き取りに集中する

劇中の英語表現を理解できたら、字幕を消して映画を観ます。今度はリスニングに集中してください。聴き取りにくい箇所も当然出てくると思いますが、何度も聴いていけば徐々に耳が慣れてきます。根気よく聴き取りを繰り返しましょう。

④声に出して台詞を読み上げる

最後は劇中の台詞を実際に読み上げてみましょう。勉強の成果を上げるためにも、アウトプットは大切です。正しい発音を心がけながら、台詞を口に出して読んでください。このステップをしっかりと行えば、リスニングの上達に繋がりますよ。

読み上げる練習をある程度やったら、もう一度字幕を付けて映画を観なおすのもよいでしょう。新しい発見があったり、理解度の高まりを実感できたりするはずです。

英語の勉強に使う洋画の選び方

英語の映画

洋画を観て英語力を上げるためには、正しい勉強法だけでなく、観る映画の正しい選択が必要です。次は洋画を選ぶ際のポイントを解説していきます。

自分の好きな洋画を探す

洋画にはたくさんのジャンルがありますが、その中でも自分の好きなものを選んだ方がいいです。好きなタイプの映画なら途中で飽きることも少ないですし、前向きに勉強に取り組めます。

話の流れを知っている洋画を選ぶ

全く知らない映画よりは、一度観て話の流れを知っている作品の方がよいでしょう。既にストーリーを知っている洋画なら取っ付きやすく、音声の聴き取りに集中できます。

最初は子供向けの洋画から

いきなり専門用語だらけの洋画を観ても、理解しづらいと思います。最初は出てくる単語が比較的簡単な、子供向けの作品を鑑賞しましょう。おすすめはディズニー映画です。

洋画の中の台詞にも注意する

台詞にスラングばかりが出てくる洋画を観ていては、日常会話で使える英語表現が身に付きません。効率的に英語力を上げたい方は、スラングの多い作品は避けた方がよいでしょう。スラングの少ない作品を探したい場合は、次の項目を参考にしてください。

英語の勉強に使える洋画10本

おすすめの洋画

最後におすすめの洋画を10本紹介します。気になった映画があれば、予告編を観てみるのもよいでしょう。

アナと雪の女王

大ヒットしたディズニー映画です。既に日本語版を観たことのある方も多いのではないでしょうか。この映画を観れば、英語版の主題歌にも触れられるのでおすすめです。

塔の上のラプンツェル

こちらも人気のディズニー作品です。英語のレベルもそれほど高くありません。ディズニーの洋画は難しい英語があまり入っていないため、英語学習に使いやすいです。

僕のワンダフル・ライフ

一匹の犬と一人の男性の愛を描いた映画です。劇中で用いられている英語は易しく、実用的な表現も学べます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

タイムスリップもののSF映画です。SFですが専門用語はそれほど多くなく、スラングも少ないですよ。

ターミナル

ある事情で入国も帰国もできず、空港で生活することになってしまった男性の姿が描かれています。主人公は英語を話せない状態でしたが、少しずつ英語を学んでいきます。主人公の姿に共感を覚える方も多いのではないでしょうか。

ホームアローン

家で留守番をすることになった少年と、その家を狙う泥棒との闘いを描いたコメディ映画です。笑いながら楽しく英語を学べますよ。

マダム・イン・ニューヨーク

英語が苦手な主婦が英会話教室に通い、英語を上達させていく様を描いた作品です。映画自体の面白さもさることながら、英語が得意でない方が共感できる作りになっているのが特徴的です。

パッセンジャー

宇宙に取り残された二人の男女を描いたラブストーリーです。出演者が少なく、登場人物二人だけの会話をじっくりと聴きたい方におすすめです。

魔法にかけられて

おとぎ話の世界にいたお姫様が、現実世界に入り込んでしまう映画です。ミュージカル調の映画なので、演者の真似をして歌いながら勉強をすると楽しいですよ。

プラダを着た悪魔

最後は、仕事の現場で使える英語を学びたい方におすすめの作品を紹介します。『プラダを着た悪魔』はファッション雑誌の編集部で働く女性を描いた作品で、実用的な英語表現を学べます。

 

英語の勉強ができる動画サイト一覧

プレミアム TV with「U-NEXT」

動画配信サービス「U-NEXT」の毎月7日分のビデオ見放題、500円分のポイントがセットになったサービス。過去にU-NEXTを使ったことがある人もまた違ったかたちで洋画を楽しむことができます。

※無料お試し期間あり。

DAZN

海外スポーツの中継で英語のリスニングを学ぶのもいいですね。海外スポーツで熱くなりながら勉強してみましょう。

※無料期間あり。「まずは、1か月お試し0円」を選択すると無料で視聴できます。

DAZN

 

D-Hits

洋画ではなく、洋楽で勉強をしたいかたはこちらがオススメ。洋楽に疲れたらJ-popも聞けるので使い分けするのもGOOD。

※無料お試し期間あり。

dヒッツ

 

D-TV

ドコモが運営しているD-TVは邦画がメイン。洋楽の勉強の息抜きに邦画に触れてみるのもありですね。

※無料お試し期間あり。

 

パイレーツオブカリビアン

 

FOD

こちらも息抜きに最適な動画配信サービス。好きな動画を探してみましょう!

※無料お試し期間あり。

僕のいた時間

 

楽天マガジン

動画に飽きてきたら本もオススメです。31日間お試し無料ができるのでどうぞ。

※無料お試し期間あり。

楽天マガジン