【対策】TOIECのスコアが上がらない失敗勉強パターン3選

【対策】TOIECのスコアが上がらない失敗勉強パターン3選 TOIEC学習法
この記事の所要時間: 650

 

・TOIECのスコアが上がらない。
・TOIECのスコアが上がっても話せないから意味ない?
・TOIECのスコアは企業の面接にどの程度役にたつのか?

このような疑問にお答えします。

なぜTOIECのスコアが上がらないのか?

スコアが上がらないのは「やり方」がまちがっているからです。

中学校までは、英語の勉強量と学力は比例することが多いと思います。つまり、勉強している人はそれなりの成績を出しているものです。
でもTOIECの学習は、「勉強をやっているのに成績は今ひとつ伸びない」という人もいるものです。

いままであなたがTOIECを勉強しているのであれば、あなたは才能を持っています。なぜなら「勉強をする」こと自体が大きな才能だからです。あなたのスコアが上がっていないのであれば、「やり方」がまちがっているので、それを直せば成績は必ず上がります。
その「まちがったやり方」にはよくある失敗パターンが3つあります。

 

TOIEC勉強失敗パターン①:英文と翻訳文が近すぎる

まず1つめは「英文の読み方が近すぎる」というパターンです。どういうことか解説します。
成績が伸びない人は、英文に出てくるわからない単語を調べまくり、英文のすぐ下に日本語の意味を書きまくります。これが間違っています。

それで、英文の下に書いた日本語を見ながら、英文の意味を予想するようになってしまいます。英文を見るのは「単語を調べるとき一瞬だけ」で、後は調べた日本語ばかりをじっと見ている・・・。英文を読む前に日本文を読んでしまうので、全く効果がありません。
このパターンに陥る人は意外に多く、特にマジメな性格で、学校の教科書の予習に時間をかけている人にすごく多いパターンです。

対処法は…、①英文のすぐ下に日本語の意味を書かないことです。

 

もう一点、知らない単語が出てくるたびに(英文の途中なのに)辞書を引くのではなく、必ず文末まで一度目を通し、何度か読み直し、「どうしても調べたい単語から優先的に辞書を引く」ようにしましょう。

さらに英文でわからない単語があれば、その単語を予想してから辞書を引くようにしたほうが記憶の定着につながります。これは考えた答えがあってようが間違っていようが関係ありません。自分の頭で頑張って考えてから答えを見たほうが記憶の定着につながるのは科学的に証明されています。まぁ楽して手に入れたモノに執着しませんよね。その論理です。

TOIEC勉強失敗パターン②「理解」と「定着」を混同する

このパターンは、ほぼすべての受験生に当てはまるので特に注意してください。英語の内容を「理解」した時点で、「できるようになった(定着した)」と勘違いしてしまうパターンです。
語学というのはスポーツに似ていて、たとえばテニスで一度うまくサーブできたからといって、次も同じようにできるとは限りません。というより、できないことがほとんどだと思います。
英語も同じです。単語を調べて、文法・構文を理解して、内容が理解できたとします。まだ「理解できた」にすぎないのですが、ほぼ全員が次の英文に進んでしまいます。けれども、この時点では「理解」しただけで、「定着」はできていないんです。これでは次の瞬間には忘れると思ってください。

対処法は…、一度「理解」した英文をその場で3回読み直してください。さらに、白紙に今覚えた単語・熟語・文法事項(場合によっては英文全部)を書けるようになるまで、次に進まないでください。
理想を言えば、その英語表現を「口で言える」ようになるまで定着させましょう。実際にやってみればわかりますが、ここまでやりこんでも忘れます。(だから何度も復習してくださいね)。
逆に言えば、ここまでやらないで「単語が覚えられない」「すぐ忘れちゃう」「英語が読めるようならない」のは当たり前のことなんです。
ここまでやりこむ人はめったにいないので、特殊な勉強法かと思われてしまいますが、英語ができるようになった人は、多かれ少なかれ、似たような方法で勉強していますし、少なくともボクの生徒はみんなやっています。みなさんもぜひこれを習慣にしてください。

TOIEC学習失敗パターン③「やったほうがいい」という言葉に振り回される

英語のアドバイスを受けるとき、たとえば「単語帳は2冊やったほうがいい」「早い時期から英作文もやったほうがいい」「長文は1日1題読んだほうがいい」と言われることがあるでしょう。
けれども「やったほうがいい」という言葉に付き合うと、どんなに時間があっても足りません。あれこれ手を出したあげく、どれも中途半端になってしまします。
確かに「やったほうがいい」んです。でも勉強する時間は限られています。

対処法は…、「やらなきゃいけない」ことを最優先させてください。

 

優先度をつけるのは社会人としてみなさん行っていると思いますが、TOIECの勉強も同じです。実はこの2つの区別をつけている人はあまりいません(アドバイスする側も、される側も)。「やったほうがいい」というのは確かに理想ではあるのですが、この言葉に振り回されて、「おぉ、そうだな」なんて思ってはいけません。

 

単語帳を2冊やる前に、熟語帳に手をつけないといけません。いくら英作文が大事だからといって、文法も完成してないうちにやっても失敗します。長文は1日1題読んだほうがいいのは事実ですが、英文解釈が完成していないのに、たくさんの長文を読んでも意味がありません。
「今やらなきゃいけないこと」を書き出して、意地でもそれを先に終わらせるようにしてください。

TOIECのスコアが上がっても英語を話すことはできない

TOIEC 話せない

誤解を恐れずに言うと、TOIECのスコアが上がったからといって英語が話せるようになるわけではありません。大学の受験で英語を勉強したのに英語が全然話せないのと同じです。ただし、TOIECの勉強がすべて意味ないと断定するつもりもありません。日本人の英語の学習は英語を話すこととイコールではありませんが、一生モノの財産にはなります。

確かに、いくら受験英語をやっても英会話がペラペラになるわけではありません。だからTOIECではスピーキングの試験もあるのです。そもそも大学が求める英語力はペラペラ会話をするようなものではありません。

企業がTOIECのスコアを求めるものはみなさんの「思考力」です。企業は英語を通してみなさんの「思考力」を試しているわけです。TOIECはその力を養うのに最高の練習の場なんです。TOIECのスコアを上げることによって、企業の人事に「この人はTOIECの学習をコツコツとできる人材なんだな」と思わせることができます。

なぜTOIECの学習で「思考力」が手に入るのか?

TOIEC 思考力

まず、日本語とは何もかも異なる「英語」という言語に触れることで、「言語構造の違い」の壁にぶつかります。
たとえば英語では「最初にSV(主語+動詞を明確にする」わけですが、日本語では「動詞は最後にくる。そもそも主語を言わなくてもいい」わけです。

このような言語構造の違いは、英語の勉強をすることで初めて認識するものですね。英語を勉強することによって、より日本語の構造・発想を意識できるようになるわけです。
ちなみに第二言語を扱える人材は頭が良いという研究もあります。手っ取り早く地頭を鍛えるにはTOIECを学習するのがいいということです。
詳しく英語の学習と頭の良さの相関についてはこちらで紹介しています。

さらに、「思考力が強化される」とは、要するに「頭がよくなる」ということです。みなさんは、英語の勉強をすればするほど「頭がよくなる」ような勉強の仕方をしていきましょう。これこそがTOIEC学習の最大の意義であり、それは「一生モノの財産」になるはずです。

効率のよい英語の勉強を知りたい方は「効率よく英語を勉強する方法」にまとめたのでご覧ください。