リスニングアップにこんな洋楽の聴きかたをしていませんか?

英語学習の心得
この記事の所要時間: 419

Amazon Music Unlimited とは?

Amazon Music Unlimitedをご存知でしょうか。Amazonが提供する音楽配信サービスです。Amazon UmlimitedはLINE musicやapple musicと同じように月額料金を払うことで利用できる音楽配信サービスになります。

Amazon Music Unlimitedの特徴として曲数が6500万曲以上というLINE musicやapple musicにより曲数が多いことがあげられます。

ちなみにAmazon primeに加入しているとAmazon musicというサービスを無料で受けられますが、Amazon musicは曲数が100万点しかありません。6500万と100万なので相当な違いですね。

Amazon Music Unlimitedは無料ではありません。月額980円を支払うことでサービスを受けられます。この価格ほかの音楽配信サービスと比べても遜色ありませんね。ただし、Amazon Prime会員になっていると月額780円で受けられる特典があります。LINE MUSICより曲数が多く、月額も安いのであればAmazon Music Unlimitedに乗り換えるのも選択肢に入れてよいと思います。

 

▼無料体験はこちらから Amazon music【途中解約OK】

 

▼Amazon primeの無料体験はこちらから 【途中解約OK】

 

洋楽の聞き流しではリスニングは身につかない?

英語に少なからず興味がある人は洋楽が好きな傾向がありますが、英語を聞き取ることはできない人は多いです。

なぜ、洋楽の聞き流しがリスニング力につながらないのか。これは洋楽の聴き方とタイミングが問題になっているのです。洋楽の歌詞には日常会話で若者が使うようなスラングや文法を無視した独特な歌詞が含まれます。私たちが教科書で英語の学習をする際には使わない言い回しが歌われるので理解ができないのです。
もちろんこのような言い回しをするアーティスト、ジャンルは限られます。特にラップはアクセントが強くスラングが多いので英語の学習には不向きですのでその点は注意しましょう。かっこいいですけどね。

 

洋楽の学習方法は和訳しないこと

 

洋楽の学習方法として和訳しないことがあげられます。結論からいうと和訳すると日常会話についていけないのです。歌詞を頭のなかで和訳している間に次の歌詞が流れてくるので結果として理解が遅れます。これがもし現実の日常会話のなかであった場合、会話についていくことができなくなるでしょう。

和訳をしないのであれば何をすればいいのか。
それはイメージをすることです。洋楽のもっとも効率のよい勉強方法は歌詞にお情景を頭のなかでイメージをすることで効率よく身に付きます。イメージするということは当然、歌詞の単語は覚えておく必要があります。文法も覚えないといけませんね。そう、歌詞を聞いて情景をイメージするということは意外と大変なことなのです。しかしこれができればリスニングの8割はできたといっても過言ではありません。日本人がやってしまいがちなリスニングは「英語を聞く」→「和訳する」→「意味を理解する」の3段論法ですが、これを「英語を聞く」→「情景をイメージする」の2つで済むのであればそれにこしたことはありません。

だから洋楽を聞く際は和訳してはいけないのです。

 

洋楽の学習方法のまとめ

洋楽の学習方法はイメージすることです。ちなみによく洋楽の勉強にはBeatlesが使われますが、あれは発音がお手本になっているのであって、歌詞の意味を正確に理解することは正直難しいです。だからこそ自分の解釈を入れて歌詞から情景をイメージするとが重要です。歌詞の本当の意味はBeatlesしか知らないわけなので、勝手に解釈してOKです。むしろ他のひとの解釈を参考にすると頭がこんがらがるので控えましょう。

 

洋楽を聞くのに最適な音楽配信サービスはAmazon Music

Amazon Music Unlimitedにアーカイブされている楽曲の数は約6,500万曲。しっかり探してみると、スポティファイや他の音楽配信サービスでは見つからないアーティストや楽曲に、洋楽に出会えます。Amazon Music Unlimitedはプライム会員なら値引きもあります。

Amazon Music Unlimitedの月額料金は個人向けが980円、プライム会員の場合は月額780円と少しお得に。(プライム会員に加入しなくてもAmazon Music Unlimited単体で利用可能です)

Amazon Music Unlimitedには30日間の無料トライアルがあるのもGood。これを機に様々なアーティストたちで勉強してみてください。

▼無料体験はこちらから Amazon music【途中解約OK】